読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
■お問い合わせ■
ご質問など無料です。お気軽にお問合せください。

 

結婚したくなくなるのは周りからの言動が原因。本当の自分の心は…

「結婚だけが人生じゃない。」

今はいろんなライフスタイルがあって、昔に比べると考え方が多様になってきていますよね。だから結婚したくなければしなくてもいいのだと私は思います。

ただ、顕在意識では「結婚したくない」と思っていても、実は心の奥底の潜在意識では「結婚したい」と思っているかもしれない。

そんな人もいるのです。

 

 

昨日の記事に書いた長女の人は特に陥りやすいかもしれません。 

kabocha-basya.hatenablog.com

 

 

なぜかというと、いつも親の言うことを聞いて頑張り屋さんの人が多いので、周りからの言動にも敏感に感じてしまいがちなのです。

 

 

○○ちゃん結婚は?

だれかいい人いないの?

もういい歳なんだから…

 

 

親戚のおばさんに多いパターンですね。

久しぶりに会うと話すこともないのか、何を話したらいいのか分からない。だから35歳になっても結婚していなければ、結婚の話題になってしまうわけです。

これはいくつになっても同じこと。

 

 

子どもの頃は「どこの学校受験するの?」

就職する頃は「どこの会社に勤めるの?」

結婚する年頃になると「いつ結婚するの?」

結婚してからは「子どもはまだ?」

子どもが生まれたら…

 

エンドレスに続いていきます。

f:id:kabocha_basya:20170413105450j:plain

 

親戚は普段会わない分、会った時にこれでもか。とマシンガンのように言ってきますからね。ダメージが大きいんですよね。

 

 

また、結婚した友達から聞かされる結婚生活の話の中にも結婚したくなくなる要素があります。

 

 

うちの旦那、家事何もしてくれない。

晩ご飯いらないなら電話してほしい。

友達と自由に出かけられない。

子どもが生まれるとゆっくりご飯も食べられない。

○○はいいよね。これからだもん。結婚は慎重にね。

f:id:kabocha_basya:20170413105739j:plain

 

女子会となると愚痴のオンパレード。日頃のストレスを発散するかのようにみんなそれぞれの愚痴をいいます。そして最後に結婚は慎重にとアドバイスされます。

結婚って大変なんだな。と実感させられてしまうのです。

 

 

さらに一番の問題は親。

一番長い間一緒にいるので、一番影響を受けやすいです。

親が不仲だとそもそも結婚したいと思えなくなります。

特に、30代の親のほとんどは女性が家事をするのが当たり前で男性はあなり積極的ではない夫婦が多いので、お母さんの負担が大きい年代でもあります。

だから、日頃からお父さんの悪口を小さい頃から聞かされたりすると結婚したくなくなってしまうのです。

 

 

いいな男は食べたら寝るだけで…

仕事から疲れて帰ってきても家事をしなければならない。

女は損だな。あぁー疲れた。

f:id:kabocha_basya:20170329230235j:plain

 

こんなネガティブな言葉を毎日のように聞いていたら、結婚って働きどうしで疲れてしまうんだ…と思って結婚したいと思えなくなってしまいます。

 

 

確かに、楽しいばかりの結婚なんて存在しません。

しかし、周りの言動があなたを「結婚したくない」にさせているのです。

 

 

あなたは本当に結婚したくないですか?

 

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

本当の自分の気持ちが知りたくなった方は、ぜひご相談ください。

ご予約はこちらから

 

 

 

 

 

 

 

長女は結婚が遅れる理由

庭のチューリップも綺麗に咲きました。

日当りがあまり良くないので遅咲きですがとても綺麗です。

f:id:kabocha_basya:20170412102900j:plain

さて、今日は長女が晩婚という話をしたいと思います。

 

長女といっても、特に第一子の長女です。

小さい頃からお姉ちゃんで頑張ってきた人が多いのではないかと思います。

 

弟や妹が生まれるとお世話をしてあげたり、忙しいお母さんのお手伝いをしてあげたり、自分のことは後回しにして常に誰かのために頑張ってきたしっかり者の人が長女には多いのではないかと思います。

f:id:kabocha_basya:20170412103823j:plain

「お姉ちゃんなんだからしっかりしなさい」

「お姉ちゃんなんだから我慢しなさい」

「お姉ちゃんだから…」

と自分より人のことを優先してきて育った人が多いのではないかと思います。

 

じゃあ、しっかりしてるんだから結婚したら素敵な奥さんやお母さんになれるだろうになぜ結婚が遅いのだろうか?

 

それは「しっかり」していることが原因なのです。

 

「何で?」しっかりしていた方が男性は安心していいのではないか?

と思ってしまいがちです。

これは女性心理、女性目線なんですね。

 

 

男性は逆の心理を持っています。

 

自分を頼ってくれる人

危なっかしくて守ってあげたくなる人

素直に自分を表現できる人

など

f:id:kabocha_basya:20170412112608j:plain

 

これは長女に生まれた女性にとって難しいことです。

子どもの頃からしっかりとしているので、人を頼ることができない。

「自分でできることは自分でできるようにならないといけない。」

と教えられてきているので、なかなか人を頼ることができないのです。

 

 

そして、頭のいい人が多いのも特徴

あれこれ頭で考えて、今最前の方法はなんだろうか?

と考える。感情よりも理性に重きを置いている。

だから思っていることが素直に表現できなかったりします。

本当の思いを隠したまま、相手のためだと思って合わせすぎてしまうのです。

それが愛情だと思って…

 

 

また、しっかりしていて何でもできてしまうので、男性の出るまくがないのです。

「君は一人でも大丈夫でしょ」と言われて悲しい思いをしてします。

そして、「私、負けないもん」と仕事に打ち込んでします。

だから仕事ができる人も長女には多いのです。

仕事が面白くて婚期を逃してしまう人も多いです。

 

 

f:id:kabocha_basya:20170408113721j:plain

では、どうしたらいいのか?

 

 

それは「頑張らない」ということ。

 

子どもの頃からずっと頑張ってきたあなた

そんなに頑張らなくていいんだよ。

もっと甘えていいんだよ。

 

 

あなたが心から甘えられる人こそが運命の人。

頑張って尽くすことに一生懸命になっていませんか?

そんな人はきっと「おまえ重いんだよ」なんて言われたりして…

 

 

実は、私も長女なので経験済みです。

 

 

長女のみなさん

もっと肩の力を抜きましょう。

あなたの目標は

「頑張らない」「人をに甘える」これが大切です。

 

 

うちの庭に咲いたチューリップのように遅咲きでも綺麗に咲くことができます。

だからあなたも諦めないでくださいね。

 

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

頑張り過ぎて疲れてしまっている方。ご相談にのります。

是非、お問合せください。

 

ご予約はこちらから

 

 

 

 

あなたは自分の心にウソをついていませんか?苦しくなっていませんか?

春の長雨が続いていますね。

桜も満開になりましたが、お花見行きましたか?

桜の美しさは短い期間に一瞬で咲いて散っていくこの儚さに魅了されます。

 

人生は長いようで短い。あっという間に時間は過ぎてしまいます。

いかにして楽しむか?

どう楽しむか?

人それぞれ違って当然。

ただ、自分の気持ちにウソのないようにしたいものです。

 

 

あなたは人生楽しめていますか?

自分の心から楽しめることをやっていますか?

 

 

私はこの春から自分が楽しめる仕事をはじめました。

kabocha-basya.hatenablog.com

 

20代の頃は仕事なんて何でもよかった。

私は音楽大学で声楽を学んでいましたので「音楽さえできればいいや」

と思っていました。

いろんなバイトをしてフラフラもしました。

小学校の先生をはじめた頃は、授業以外のたくさんの仕事が嫌で嫌でしょうがなかった。「なんでこんなことまでしなきゃいけないの?」という思いが強かったのです。

でも子どもたちは可愛くなついてくれました。

だから頑張れたのだと思います。

やりたくてはじめた仕事ではなかったですが「この仕事も悪くないな」

と思えるようにまでなりました。

 

そして、ふと思ったのです。

私はこのまま職場と家の往復の生活でいいのか?

f:id:kabocha_basya:20170408113721j:plain

「この仕事も悪くはない」

 

でも、やりたい仕事なのか?

本当に一生この仕事をやっていきたいと思っているのか?

ようやく自分の心と向き合うことができました。

 

「私は、何のために生まれてきたのか?」

 

「やりたいことは何だろう?」

 

 

私は人の心を癒す仕事がしたい。

私自身が仕事や恋愛、結婚、家族、人間関係様々ことに悩んできたからです。

特に女性は「結婚」という大きな節目があります。

結婚するかしないかではなく、結婚したいのにできない。なぜできないかわからない。頑張っているのにどうしたらいいんだろう?と悩んでいる方の力になりたい。

そう思うようになりました。

f:id:kabocha_basya:20170408113855j:plain

そして、これこそが仕事ではなく志事なのだと思いました。

私は仕事ではなく志事がしたかったんだと。

 

 

先生の仕事を辞める時は辛いものもありました。

「先生来年もいる?」「いてほしな」

と子どもから言われた時です。

離任式で発表になるまで誰にも言えないので

「さぁ、どうかな?」とごまかすことしかできませんでした。

離任式の後、泣きながら職員室にきて、ノートの切れ端に感謝の手紙を書いてきてくれる子もいました。

私の方こそ子どもたちからたくさんのことを学びました。

「本当にありがとう」と感謝でいっぱいです。

この感謝から「愛」が広がっていくのだと実感しました。

これからも多くの人に「愛」を届けていきます。

f:id:kabocha_basya:20170408114022j:plain

 

さあ、これからドンドン暖かくなる季節ですから、活発活動しやすくなります。

婚活女性を応援せするパワースポットツアーも計画しています。

「結局神頼み?」ってバカにしてませんか?

それはただ行って終わりになっているからであまりませんか?

パワースポットを訪れるだけでなく、訪れた後が大事です。

パワースポットツアーをやることになったらブログでもご案内いたします。

楽しみにしていたくださいね。

恋愛体質になって今年こそ結婚しましょう。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

もし、一人で悩みを抱えているならご相談ください。

ご予約はこちらから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「出会いがない」と嘆く前に、出会いの季節を利用して外に出よう

「新しいことをはじめるといいよ。」と昨日の記事に書きました。

kabocha-basya.hatenablog.com

 

新しいことをはじめると出会いが生まれます。

また、今まで自分とはタイプが違う人を接してみたりすると意外な展開に発展するかもしれません。

興味はあったけどスルーしていた習い事とかも挑戦してみるといいかもしれません。

 

今までの出会いに運命の人がいなかったんだから、違う場所に踏み入れてみることも大事です。もしかしたら、そこにあなたの運命の人がいるかもしれないし、もしくは運命の人へと導いてくれる人がいるかもしれません。

f:id:kabocha_basya:20170405113330j:plain

 

私も去年からずいぶん関わるお友達がかわってきました。

人は成長するにつれて自分に必要とする人が現れてきます。

 

 

「人は自分の鏡」と言いますが、出会う人はみんな自分。

 

 

私は教師をしていた頃、同僚で全く仕事をしない人がいました。

態度がでかくて、俺様な態度が許せなくて大嫌いでした。

 

こんな人も自分なんです。

 

はじめは認めたくなくて凄く嫌でした。

 

「なんであんな奴と私が一緒なの?」「冗談じゃない!」ってね。

f:id:kabocha_basya:20170405113705j:plain

しばらくは、認めたくなかったし考えたくもなかった。

冷静になれた時、周りがとても素晴らしい人に恵まれるようになった時気づきました。

「そういえば私も自分の意見を無理に押し通すところがあったな」とか

「あの頃人を見下すようなことしていたかも…」とか

過去の自分を振り返り、客観的に見ることができたのです。

 

 

こんな風に、自分の行いを正す、修正するために現れる人もいるのです。

*全てではありませんよ。理不尽ないじめのようなケースもありますから。

 

「出会い」とはいい出会いだけではないのです。

「いい出会い」と「悪い出会い」

それは自分の感じ方。考え方しだいです。

 

 

「対面同席五百生」という言葉を知っていますか?

対面、面と向かって

同席、席を同じにして

過去世ですでに500回以上なんらかのかたちで会っている人のことをいいます。

 

人は輪廻転生を繰り返して、今世でも深く自分に関わった人とは縁が深いということ。

 

実は、同席して会話したり食事をしたりする人は多くて1000人くらいだそう。

そんなに少ない人数なのに、何度も会う人がいたらそれは深い繋がりがあるのです。

 

「いい出会い」と感じた人も「悪い出会い」と感じた人も縁があって何かの目的であなたの前に現れた人なのです。

 

「なんで私の前に現れたんだろう?」

「この人を通して私は何をしたらいいのだろう?」

 

こんな風に考えてみたらどうでしょう?

 

 

出会っても上手くいかなかったり

元カレとの相性が合わなかったり

 

今までの自分はどんなだったかな?

これからの自分にプラスになります。

是非、考えてみてください。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

もし、一人でお悩みでしたらご相談にのります。

ご予約はこちらから

 

 

 

 

春ははじまりの季節。新しくはじめることに抵抗を感じている人への対処方法

さぁ、4月です。

春は始まり、出会いの季節ですね。

私も三重県桑名市に「仕事に婚活に疲れた女性の心を癒す」サロンをオープンしました。

サロンといっても豪華なものではなく、古民家で田舎のおばあちゃん家に来たようなマッタリとした空間です。

畳で寝転がれてリラックスできる、ありのままの自分になれるような場所です。

 庭のチューリップももうすぐ花を咲かせてくれそう。

f:id:kabocha_basya:20170404104311j:plain

 

 

 あなたは何か新しいことをはじめましたか?はじめたいと思っていますか?

今までやったことない、初めてのことを始めるのはとてもいいことです。

 

なぜか?

 

それは、同じことの繰り返しだと細胞が鈍くなるから。

つまり、刺激されない。活性化しないのです。

 

自然界は常に変化しています。春夏秋冬と季節が変わる。

世の中だって何年か前の街とは様変わりしているだろうし、特に都会は変化が激しいですよね。だから変化し成長していく流れなんですね。

 

 

でも人は変化にストップをかけやすいのです。

 

変化することは、恐れや不安を引き出すからです。

「もし失敗したら…」とか

「こんなことが起ったらどうしよう…」とか

そんな風に感じてしまうからなのです。

 

 

私もそうでした。

「今までの安定を捨ててまでやる必要があるのか?」

そう思っていました。

「お金やせっかく積み上げたスキルが無駄になってしまうのではないか?」

とも思っていました。

 

しかしそんな不安はやる前のはなし

はじまったらそんなこと考えている暇はなくなります。

それくら没頭してしまっているからです。

そして、私の不安や疑問はお客様が教えてくれました。

人生に無駄なんて何もないことも。

 

 

はじまる前から起ってもないことを心配したって仕様がないのです。

やるだけやってみてダメだったら辞めたらいいだけ。

そこで大切になってくるのが、「やっぱり私は何やってもダメなんだ」と落ち込むのではなく、「私には向いてなかったな」とか「いい勉強になったな」と次へのステップに切り替えていくことが大事です。

 

もちろん、スグにはできないかもしれません。

そんな時はとことん落ちこんで、泣いてエネルギーを出し切ってしまう。

 

私はそんな風にやってきました。

今までどんだけ泣いてきたことか。

涙って不思議。湧き水と違って枯れないですもの。

 

f:id:kabocha_basya:20170404103454j:plain

 

大人になると泣くことが恥ずかしかったりして我慢してしまいますよね。

特に年齢が上がるほど…

特に人前では…

私は肩肘張って生きてきたので特にそうでした。

 

我慢すると気持ちを押し殺して蓋をしてしまいます。

だから我慢しないことも必要。

日本人は真面目だから我慢して頑張りすぎてしまうのですよね。

 

あなたは大丈夫?

我慢しすぎていませんか?

 

 

4月は新年度のはじまり、仕事も新入社員の方にとっては大変な1ヶ月になるでしょう。人事異動でまた1から新しいことを覚えて始める方もいるでしょう。

そして、今年こそ結婚しようと婚活をはじめる方もいるでしょう。

はじめは上手くいかなくて当たり前。

少しずつ自分のペースではじめましょう。

 

 

あなたは

新しくはじめることに抵抗を感じるタイプですか?

それともワクワク楽しみな方が強いですか?

 

 

楽しみワクワクな気持ちで楽しんでスタートしましょう。

 

 

もし、何かに不安を抱えている方、一歩踏み出せない方はご相談ください。

あなたに勇気を与えます。

ご予約はこちらから

 

 

 

 

 

家族のために結婚するの?何のために結婚するの?あなたは?

35歳を過ぎると家族が心配してきます。

 

何で結婚しないの?

これからのこと考えてる?

あなたもう35歳よ。

 

 

毎日のよう同じことを言われウンザリしている人もいるでしょう。

f:id:kabocha_basya:20170331103530j:plain

 

 

家族は心配して言ってくれているのか?

と疑問に思うこともあります。

 

 

そして考えていないわけではありません。

 

 

「結婚したい」と思っていてもなかなか相手がみつからなかったり

お付き合いをしてみても上手くいかなかったり

 

頑張っているんですね。

 

 

そんな時に、家族からの言葉は辛いです。

 

 

「結婚したい」

と思っていても上手くいかないのは原因があるはずです。

何が原因なのか見つけ、解決していくことをしなければなりません。

 

 

あなたは自分の原因分かっていますか?

分からないまま婚活しても上手くいきません。

同じことの繰り返しになってしまいます。

 

 

原因は様々ですが、過去のトラウマだったり

kabocha-basya.hatenablog.com

 

仕事からの解放を願ったり

kabocha-basya.hatenablog.com

 

自分にコンプレックスを持っていたり

kabocha-basya.hatenablog.com

 

 

しかし、「原因が分からない。」という人もいるでしょう。

そんな人は、自分の1日の行動や言動、感情それぞれ紙に書いてみてください。

繰り返し行うことで「私はどんな人なのか?」というのが分かってきます。

 

 

自分のことって分かっているようで分かっていなかったりしますよね。

 

友達には恥ずかしく聞けないし、家族にも聞きたくない。

だから自分で自分に問うのです。

 

 

そして焦らないでほしいのです。

 

女性にとって年齢ってコンプレックスになってきます。

特に子どもを望む方ににとっては「1日も早く結婚したい。」と思う人もいるかと思います。しかし、よく考えてください。

 

 

なぜ結婚したいのか?

 

何のためにに結婚するのか?

 

みんなが結婚してるから?

友達がみんな結婚して自分だけ負け組だと思っている?

 

家族に幸せな姿を見せてあげたいから?

安心させてあげたいから?

 

 

昔は家のため

今は?

あなたは?

 

答えはあなたの中にあります。

 

本当に結婚したいのであれば、できない原因が分かればそれを解決していけばあなたにふさわしい人が現れます。それはきっと思いもしないところから。突然。

 

だから焦らないで。

 

もし、不安に感じているのであればご相談ください。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

私はあなたを応援しています。

 

 

逃げからの結婚はうまくいかない

仕事がしんどいから結婚して寿退社したい。

 

だから早く彼氏作らなきゃ

と出会いの場に行ったり、友達に紹介してもらったりしている人もいます。

 

女性の社会進出が昔に比べると増え、今後も女性が活躍する社会を作ろうと政府も動いていますよね。しかし、女性の中には仕事の大変さを経験し結婚して寿退社を夢見ている人も多いのです。

 

確かに

結婚して、仕事を辞めれば仕事のしんどさや人間関係、上司のパワハラ、セクハラ、得意先やお客様からのクレーム処理など…なくなります。

 

どんな職業でも大変ですからね。

f:id:kabocha_basya:20170311114655j:plain

 

辞めたい気持ちも分かります。

 

私もいろんな職場を体験しました。辛くて泣きながら通勤したこともあります。しんどくて体重が三十数kgになって大きな病院に通院したこともあります。職場の人間関係で苦しんだこともあります。

 

だから

辞めたくなる気持ちすごく分かります。

 

 

仕事も過労死になるまで働かせるようなブラック企業は今すぐにでも辞めるべきだと思います。

 

 

でもそれ意外での

逃げからの結婚はうまくいきません。

 

 

こんな会話してませんか?

 

 

「今日も上司のAがさ、締め切りギリギリになって文書直せって言ってきたよ」

「マジウザいし」

 

「私は新入社員のBがやらかしたミスの尻拭い」

「冗談じゃないよ」

 

「私はあのクレーマーCのお相手よ」

「もぉー本当疲れた」

f:id:kabocha_basya:20170329230235j:plain

 

 

愚痴も言いたくなりますよね。

私も何度言ったことか、どれだけの人に聴いてもらったか分かりません。

 

でも

愚痴も本来「ことだま」として自分に返ってきます。

 

だから

言わない方がいい

 

でも、言わずにはいられませんよね。

 

私はこんな方法で乗り越えました。

 

紙に書いてビリビリに破ったり、誰もいない所で叫んだり、トイレットペーパーに書いてトイレに流したり、いろいろしてみました。

 

トイレットペーパーはオススメですよ。

流れていく様子が見れてスッキリします。

 

 

本当に35歳女性。いや全ての女性頑張っています。

 

だからこそ、幸せな結婚をしてほしいと思うのです。

 

 

仕事を辞めるにしても次に繋がるような辞め方で辞めることをオススメします。

ブラック企業の過労死寸前で苦しんでいる方は別ですよ。

 

 

きっと仕事が嫌で辞めた人は、結婚しても家事で文句を言います。

旦那が全然家事をやってくれない。子育てに無関心とか…

 

 

あなたにはそうなってほしくはありません。

 

大丈夫ですか?

 

どうすればいいか分からないときは、是非ご相談ください。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

 

 

こんな記事も書いています。

よろしければ読んでみて下さい。

 

kabocha-basya.hatenablog.com

 

 

kabocha-basya.hatenablog.com