■お問い合わせ■
ご質問など無料です。お気軽にお問合せください。

 

結婚したくなくなるのは周りからの言動が原因。本当の自分の心は…

「結婚だけが人生じゃない。」

今はいろんなライフスタイルがあって、昔に比べると考え方が多様になってきていますよね。だから結婚したくなければしなくてもいいのだと私は思います。

ただ、顕在意識では「結婚したくない」と思っていても、実は心の奥底の潜在意識では「結婚したい」と思っているかもしれない。

そんな人もいるのです。

 

 

昨日の記事に書いた長女の人は特に陥りやすいかもしれません。 

kabocha-basya.hatenablog.com

 

 

なぜかというと、いつも親の言うことを聞いて頑張り屋さんの人が多いので、周りからの言動にも敏感に感じてしまいがちなのです。

 

 

○○ちゃん結婚は?

だれかいい人いないの?

もういい歳なんだから…

 

 

親戚のおばさんに多いパターンですね。

久しぶりに会うと話すこともないのか、何を話したらいいのか分からない。だから35歳になっても結婚していなければ、結婚の話題になってしまうわけです。

これはいくつになっても同じこと。

 

 

子どもの頃は「どこの学校受験するの?」

就職する頃は「どこの会社に勤めるの?」

結婚する年頃になると「いつ結婚するの?」

結婚してからは「子どもはまだ?」

子どもが生まれたら…

 

エンドレスに続いていきます。

f:id:kabocha_basya:20170413105450j:plain

 

親戚は普段会わない分、会った時にこれでもか。とマシンガンのように言ってきますからね。ダメージが大きいんですよね。

 

 

また、結婚した友達から聞かされる結婚生活の話の中にも結婚したくなくなる要素があります。

 

 

うちの旦那、家事何もしてくれない。

晩ご飯いらないなら電話してほしい。

友達と自由に出かけられない。

子どもが生まれるとゆっくりご飯も食べられない。

○○はいいよね。これからだもん。結婚は慎重にね。

f:id:kabocha_basya:20170413105739j:plain

 

女子会となると愚痴のオンパレード。日頃のストレスを発散するかのようにみんなそれぞれの愚痴をいいます。そして最後に結婚は慎重にとアドバイスされます。

結婚って大変なんだな。と実感させられてしまうのです。

 

 

さらに一番の問題は親。

一番長い間一緒にいるので、一番影響を受けやすいです。

親が不仲だとそもそも結婚したいと思えなくなります。

特に、30代の親のほとんどは女性が家事をするのが当たり前で男性はあなり積極的ではない夫婦が多いので、お母さんの負担が大きい年代でもあります。

だから、日頃からお父さんの悪口を小さい頃から聞かされたりすると結婚したくなくなってしまうのです。

 

 

いいな男は食べたら寝るだけで…

仕事から疲れて帰ってきても家事をしなければならない。

女は損だな。あぁー疲れた。

f:id:kabocha_basya:20170329230235j:plain

 

こんなネガティブな言葉を毎日のように聞いていたら、結婚って働きどうしで疲れてしまうんだ…と思って結婚したいと思えなくなってしまいます。

 

 

確かに、楽しいばかりの結婚なんて存在しません。

しかし、周りの言動があなたを「結婚したくない」にさせているのです。

 

 

あなたは本当に結婚したくないですか?

 

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

本当の自分の気持ちが知りたくなった方は、ぜひご相談ください。

ご予約はこちらから